whatsnew

新着情報 詳細

「協同労働型の協同組合のための法制度整備に関する学習会」を開催

IYC記念全国協議会は、平成26年度に引き続き、平成27年度も「協同労働型の協同組合のための法制度整備に関する学習会」を開催しました。

学習会の目的は、「協同労働型の協同組合のための法制度整備」に向けて、労働者協同組合(ワーカーズコープ)や「協同労働」について学習し、理解を深めること。平成27年度の学習交流会は、11月18日に埼玉県深谷市にて行われました。当日はJA全中、JA共済連、日本共済協会、生活クラブ共済連、ワーカーズ・コレクティブ ネットワーク ジャパン(WNJ)等から計12人が参加し、深谷市の労働者協同組合(通称「だんらん」グループ)を視察しました。

当地では約30年前、委託を受けていた物流事業の縮小に伴い、労働者協同組合の組合員たちが自ら「とうふ工房」を設立しました。さらに組合員たちは、とうふ作りにおける「おから」の有効活用から高齢者を対象とする配食事業を思い立ち、その事業を通じて地域における介護ニーズの高まりを把握。介護ヘルパー講座を通じてヘルパー仲間(組合員)を増やし、訪問介護事業を開始しました。この訪問介護事業が順調に発展し、通所介護(デイサービス)事業から福祉用具事業、さらに短期入所生活介護(ショートステイ)事業にまで展開。現在の「だんらん」グループは、若者自立支援事業(若者サポートステーション)や生活困窮者自立支援事業をも含む「総合福祉拠点」として、約4億円の事業高と約180人の組合員を擁しています。

当日は、上記の「とうふ工房」や介護事業所等を視察。各事業所の所長との懇談では、各事業を設立・運営していく具体的なプロセス、地域コミュニティーや自治体への地道な働きかけ、事業を通じた「まちづくり」等について、苦楽を交えた体験談を伺いました。とりわけ参加者からは、「協同労働」による「仕事おこし」が常に地域のニーズに応えること、地域コミュニティーの諸課題を解決することを最重要視している点について、賛同や感嘆の声が聞かれました。このように「協同労働」の実践や、それを通じた「まちづくり」の具体例を学ぶことにより、「協同労働型の協同組合のための法制度」を整備する必要性を改めて認識することができました。

おすすめ情報
  • 協同組合の思想と実践はユネスコ無形文化遺産に登録されています
  • 協同組合入門:協同組合とは?
  • 協同組合組織による「東日本大震災」復興支援の取り組み
  • 学生向け取り組み
  • お問い合わせ
  • 政府情報のご案内